Type Pお目見え+プチフリ対策奮闘記

昨日Type Pが届き、久々にほぼ徹夜でセットアップ。

今回購入したのはVGN-P50(XPモデル)というType Pでは最廉価版。SSD(Photofast G-MONSTER 1.8 ZIF V2 PF18Z64GSSDZIFV2) に換装済みでヤフオクで5万ジャストということで、私的に非常に魅力的だったのでギャンブルしてみました。

マシンそのものは魅力的なのにAtom+Vistaしか選べないのがTypePの悲しみでした。XPモデルが出た時もSSDが32Gのみという、 MSのOSマーケティングの犠牲になってる感は否めず、かといってVistaをダウングレードまでして、という気にもならず、放置していました。それになんといってもMacBook Airがありますから。

しかし、子育て真っ最中のわたし、隙間時間の生産性を追求する必要に迫られていたのも確かなのです。そう、4歳の息子にはAirが格好のおもちゃに見えてしまうんです。Airを愛しすぎるがゆえにAirを使うことが憚られるという状況。非常に微妙なものです。

結果、試すことにしました。VAIO Type P。(これなら息子にさわられてべたべたになってもいい、というわけではないのですが・・・)

Photofast製SSDに換装したWin機のプチフリ報告は数多あり、結局使えない、という可能性は十分考えられましたが、以前eeePC 901xでSSD換装を試みてプチフリを克服した経験があったことだけを心の糧として、チャレンジしました。

結果、成功しました。しかしわりとてこずりました。

まずFAT32へのフォーマット変換での解決を試みましたが、VAIOの仕様により、私には敷居が高 すぎることが判明。RAMディスク導入へ方針変換しERAMを試したところ、瞬時にプチフリ問題解決!と思ったら、徐々にプチフリが・・・。うーん、馬鹿なことにパーティションを切ってしまっていました。SSDはパーティション切ってはダメ、ってどこかで聞いて知ってたはずなんですが。Partition Managerでパーティション解除して、あまりにもひどい断片化はSSDといえどさすがによくないので、デフラグかけました。真っ赤でした。

さて、デフラグも終わり、恐る恐る試したところ・・・

プチフリ克服! できたようです!

書き込みが遅いという難点はあるも のの、致命的というほどではありません。大きなプログラムをインストールするときには多少待つ感じですが、そのほかは影響ありません。ファイルの移動も結構速いです。起動も30秒台と爆速です。シャットダウンも速い。

現時点で少々問題なのはキーボード配列。このサイズにしては奇跡的に実質的に使えるキーボードなのですが、右側のシフトキーが小さすぎて、矢印キーをたたいちゃいます。それとスティックポインタ、なかなか使いやすいのですが、G/H/Bキーの真ん中にあって、まれに触れてしまったときに反応して、ポインタが飛んでしまうときがあります。あと半角・全角キーの位置にもなれが必要。普段あまりしませんが、キー割り当ての変更をしたほうがいいかもしれません。親指シフトかな。

ともあれ、実質的に使えるキーボードを備えて重量600グラム前後という、持ち運ぶことに躊躇を感じることはまずないバランス。これからは、ちょっとしたすきま時間にTyep Pを使ってみます。

でもAirのことは決して忘れるわけではありません。Airが私にとってのベストバランスであることはゆるぎのない事実です。これからも私はAirと一緒です。時間と荷物に余裕のあるときは連れて行きます。

なんでこんなにAirに弁解してるんだろう。やはり愛ゆえなのでしょうか。

以下とりあえず備忘録。

ERAM導入。実デバイス扱いにチェック、OS管理は固定、ディスクサイズは64000k、OSに通知のチェックはオフ。

Chromeのキャッシュ、ERAM退避の方法チェック。

仮想メモリオフ、ディスクの復元オフ、インデックスをつけて検索を速くするオフ。

AirのSSD化

ひたすらマックです。

初代MacBook Airですが,HDDの遅さに業を煮やしまして今年の7月にSSD換装に踏み切りました。SSDはPhotofastのPF18Z128GSSDZIFV2です。結構値が張りました。価格comで最安値でも54,600円とかです。費用対効果でぎりぎりといった感じです。(2010年2月現在では4万円なかばあたりのお店が多いですね。最安値は4万2千円台でした)

でも1.8インチZIFコネクタ5mm厚の選択肢が当時はこれしかない(今はどうなんでしょう)。容量ダウンは避けたい。まだ3年ぐらいは使いたい。ということで奮発し,ふだんあんまりやらない機械いじりをやりました。換装のレポートはいくつかされていたので,それらを参考にしました。分解→取り付け→組み立てという作業自体それほど時間はかかりませんでした。が,コネクタの接続部が外れやすく,もとのHDDのときから小さなビニールテープで固定されているほどだったんです。ZIFってそうなんですね。そうとは知らずにビニールテープで固定せずに接続し,そのまま裏ぶたをして起動させても認識しない。あれ?と思って再び解体→接続確認して今度はフタをせずに起動させたら認識。よかった,と思ってフタをして起動させたらまた認識せず。フタをすることで接続部に力がかかり,外れる配置になってたんです。そこではじめてビニールテープの存在意義を知りました。が,この時点ですでに1時間ほど経過。

慣れない文系人間がやるもんじゃないな,と思いました。データ移行も含めて結局半日仕事になりました。

でもね。起動は35秒とMacBook Pro HDDに迫る勢い,その他アプリ立ち上がりもProに引けを取らないスピードでサックサクになりました。微妙に1秒ぐらい引っかかるような動作(これがプチフリか?)をすることがちょいちょいあるのですが,HDDとは比べるまでもない軽快さで,まだまだ使える感たっぷりになりました。初代なのでC2Dの1.6GHz,グラフィックも現行に比べて貧相ですが,モバイル用途の文書編集には充分すぎます。確かにメインでバリバリというわけいにはいかないですけど。バッテリのもちの点では初代に分があるのではなかったでしょうか。

初代MacBook Air HDDをご使用の方で,いろいろと悶々とされていらっしゃるなら,オススメです。もちろん換装は諸々のデメリットも考慮の上自己責任で。