これからは Mac = PC ということで

1月6日、ついに Mac App Store が “開店” 、とのアナウンスが先日アップルのウェブサイト上でありましたが、このアナウンスのなかのアップルCEO スティーブ・ジョブズのコメントとして引用されている部分を読んで、ちょっと思ったことが。

“The App Store revolutionized mobile apps,” said Steve Jobs, Apple’s CEO. “We hope to do the same for PC apps with the Mac App Store by making finding and buying PC apps easy and fun. We can’t wait to get started on January 6.”

「App Storeはモバイルのアプリに革命を起こしました。PC向けアプリについても、Mac App Storeで同じことができればいいと思っています。PC向けのお気に入りアプリを探して買うことが楽しくなります。1月6日が楽しみです」

スティーブ・ジョブズは、”PC”って言っています。

私の記憶(貧弱な記憶なのであてになりませんが)によると、こういう公的なアナウンスでジョブズがMacのことをPCと表現したことはなかったのではないかと思うのですが。IDCなどの統計でも通常MacとPCは区別されていますし、Macユーザーだからこそ “Mac” と “PC” は使い分けるというのがこれまでの習わしでした。わざわざジョブズのコメントとして、この発言を引用しているのには、やはり意味があるような気が。

“Get a Mac” CMシリーズが今年上半期で完全に姿を消したのも、こうした戦略を見越してのことだったのでしょうか。今回のジョブズの声明は、これからはMac ≠ PC (PC/AT互換機由来?) じゃなくて、Mac = PC (Personal Computer) で行く、という意思表明のように思われます。

広告

Appleのトラック

iOSの年、と言っても過言ではないような2010年も終盤にさしかかった10月下旬、アップルCEOのスティーブ・ジョブズは “Back to the Mac” を宣言しました。iLifeを発表、2o11年発売の新OS X (Lion) 紹介、そして、長くアップデートが待たれていた新パッケージのMacBook Airが登場したわけです。アップルの真骨頂はここにあり、といった具合にMacの存在感が極限まで高められたイベントでした。

にもかかわらず。

MacWorldのJason SnellがComputerWorldに Apple’s Truck という記事を書いているのですが、今後Macがずっと今のような状態を保っていくのかといえば、やはりいずれはMacの一部はiOSに限りなく近いような特徴をもつものに変化していくのではないか、と主張しています。この変化はすぐには起こらないが、いずれは「iOSで動く伝統的なコンピュータ」をアップルが作るであろう、としています。今年6月に行われたD8カンファレンスでジョブズが “PCs are going to be like trucks”(PCはトラックのようになっていくだろう)として、こうした変化に不安を感じる向きもあるだろう、と言ったことを引き合いに、アップルのコンピュータ製品は2極化していくのではないか、という予想をしています。

ひとつは、「普通の人々」のための方向性。つまり、メールやウェブブラウズ、ゲーム、仕事用の文書作成、などといった情報ツールとしてのMacのありかた。世の大方の(たぶん数十億人の)人々が使う目的はこれであり、こうした人々はジョブズにとっては「乗用車」のドライバーである。そしてこうした人々が使うデバイスはiOSが請け負うだろう。iLifeやLionがiOSスタイルの単一ウィンドウのインターフェースを採用するのはこの先駆けになる。

もうひとつはトラックドライバーのためのもの。より強力なパワーでコンピュータを操作する。カスタマイズし、自動化し、システムの深層までを使いこなし仕事をこなす。(あるいは仕事では必要ないが、楽しみのためにトラックを運転したいと思う人もいる。)アップルがこうした方向性を廃止することはないが、現在あるMacの方向性はこちらである。(ヘビーな作業をMacでできるようにすることでiOSを軽くすることができる点についてはJohn Gruberも指摘している。)

事実上、コンピューターユーザをこのように2分化することは可能であり、長い間実際そうであったが、コンピュータ産業は、こうした2分化に対応しきれていなかった。ただ、日常の作業だけできればいい、と思っている「普通の」ユーザにも過剰なシステムを強いてきた。そもそも初代のMacからずっと、ジョブズ(すなわちアップル)のヴィジョンは “computer for the rest of us” を提供する、というものだった。

というのが、ComputerWorldの記事の主なところです。

そういえばジョブズはコンピュータを “bicycle for the mind” とも言っていましたね。車より軽い(笑)。

乗ること自体に頭を使わなければならないような、あるいはメンテナンスにやたら時間のかかる自転車に、普通の人は乗らない。デバイス自体は、目的ではない。何かの目的を果たすためのデバイスとして、コンピュータを使う。

ただ、愛着のある自転車なら、いつもきっちりメンテナンスして、きれいにみがいて、いつでも気持よく乗れるようにしたい。私にとってのアップル製品は、まさにそんな感じだな、と思います。

Toronto Starは、“It’s all about apps” という記事で、ソフトウェアの配布についてはApp Storeのようなワイヤレスハブを通じて行われるようになる、アップルもGoogleもRIMもMicrosoftも、方向性は同じだ、とやはりアプリケーションソフトのあり方に関する示唆をしています。iOSの目玉機能であるAppStoreがどれほど充実するかによって、iOSの、またiOSが実装されるであろうMacOSの利便性が、そして普及が左右されることは言うまでもないでしょう。

そういえば新MacBook Airが出る前に、これに乗っかるOSに関していろいろと憶測されましたが、本ブログではOS X「が」iOS「に」統合される、という逆転の方向性を示したComputerWorld の Jonny Evans の記事を紹介していました。次期OS Xの発表によって明らかになったことは、OS XにiOSの機能が統合される、という、考えて見れば当然の成り行きともいえる方向性でした。

ならば、以降問題になってくるのは何か。私的には、平成鸚鵡籠中記さんも紹介されていましたiPadとノートのハイブリッド製品(このパテントについては、上のJonny Evans関連の拙記事に、その原型となるパテント情報があります)あたりが(ひょっとして)発表されるころが、ひとつのポイントになってくるのかな、という感じがします。

現時点では、キーボードをつけたとしても、ヘビーな文書編集の作業などにはiPadはまだかなり力不足な感じがします。iOSが今後、メールやウェブブラウズ、ゲーム、仕事用の文書作成、などといった情報ツールとしての機能を、マルチタスクを含めてどの程度までブラッシュアップしてくるかによって、私のようなヘビーな文書編集を日常的に行うユーザがiOSオンリーな環境に移行できるかどうかが決まってくる気がします。

(タイトルとの整合性がいまいちだったのでここから追記)

ComputerWorldの記事の最後にはつぎのようにあります。

There will always be computing truck drivers out there–and I know that most readers of Macworld fit in that group. Steve Jobs clearly believes that there will always be a need for the computer industry to build trucks. The only question is, does Apple want to remain in the truck business for the long haul? If it does, the Mac will have a good future as Apple’s truck.(コンピュータ業界のトラックドライバーは常に存在する。MacWorldの読者のほとんどは、このグループの人たちだ。コンピュータ産業がトラックを作る必要性はつねにある、とジョブズが考えていることはあきらかだ。ただ、唯一の疑問は、長期的に見てアップルがトラックビジネスに留まりたいと思っているかどうかだ。もし思っているなら、アップルのトラックとしてのMacの未来は明るいだろう)

たしかに、iOSデバイスが完全に単独で使えるようになった場合、iOSデバイスはMacOSに依存する必要がなくなる。iOS的な作業で十分、という人にとっては、母艦の存在はむしろ目障りだったりするし、母艦が必要だから、それが面倒くさいから、モバイルを買わない、というような人も結構多い気がします。

私は、ライトなトラックユーザーといったところかな。Macは仕事で使うけど、楽しいから使う、という側面もあるし、iOSも使う。やはり、トラックユーザーのための品揃えをアップルが無くしてしまう、というのは、考えにくいところです。

(追追記)

ジェイソン・スネルも上で引用していたグルーバーの記事“What’s with the Mac doomsayers?”について、maclalalaさんが記事を書いていらっしゃいます。スネルの記事はMacWorldの記者としてグルーバーの記事に反応した意味合いもあるようですので、合わせてご覧いただければと思います。

ジョブズがIT業界を”セクシー”にする

フィラデルフィアから帰国して、今成田で国内線の乗継便を待っています。

年に1度か多くて2度ぐらいなのでそんなに頻繁ではありませんが、海外に行くときは当然モバイル環境を持参し、その利便性を実感するようにつとめているzackyです。IT環境は時々刻々進化していますので、行くたびに作業がしやすくなっていると感じるのは当たり前といえば当たり前ですが、今回の旅ではかなり大きな変化を感じました。

ひとつは、私自身が持参した環境の大きな変化。MacBook Air 13″の機動力は、やはりすごいです。本ブログでも何度も言っていますが、まずはバッテリの持ちが「ケタ外れ」と言っていいくらいにいい。ディスプレイを開いた瞬間に作業が始められるので、インスピレーションが損なわれない。動作にストレスを微塵も感じない。(私は、ディスプレイは大きいほうがいいという持論の持ち主なので)13インチのディスプレイ上で、いろいろな作業を全く不満なく、エコノミークラスの座席のような狭い空間でも、とても快適にこなすことができます。特に、視力がきつくなってきた私にとっては、13インチで解像度1440X900というバランスが、情報量と視力の点でちょうどいい。HyperMacも持参してきましたが、動画視聴や編集の時間が長くない限りは、必要ない、と感じるほどでした。すなわち、私が必要とする道具としては、ほぼ完璧なものを手にした感覚があります。

そしてもうひとつが、パーソナルコンピューティングをサポートする、現地アメリカでの環境の変化です。

短期旅行者として一番問題なのがWiFI環境の確保だと思うのですが、今回のフィラデルフィアの旅で気づいたのは、スターバックスやマクドナルドでAT&TのWiFiが無料かつ無制限で「誰でも」使えるようになっていたことです。スタバではこれまでにもプリペイドカード’購入で2時間無料という旅行者には便利な制度はありましたが、その制限さえもとっぱらわれたわけで、市街地限定にはなりますが、スタバのコーヒーが好きな私には(地域差はありますが日本の半額以下のところも多いですし)、アメリカ旅行中に通信環境に困ることがまずなくなったと言っていい状態になったわけで、これは非常にうれしいことでした。個別の無料サービスもあるとは思うのですが探すのは結構大変です。「これさえあれば」というオプションがあるだけで、どれほど心に余裕ができるかわかりません。スカイプで安価に通話もできます。もちろんFaceTimeも。ホテルでWiFiが利用できれば、国内にいるときとさほど変わらない作業環境が整います。

実に魅力的です。

なんというか、こういう環境があると、アメリカに行きたくなります(笑)。というのは極端としても、旅行者にもやさしい環境の整備というのは、結構大切なのではないかな、と思います。

思うに、これからの時代、旅行者が「魅力的」だと思えるようなIT環境の整備の如何がその国の観光産業の行く末を左右するような気がします。だからこそ、旅行者も含めてマジョリティーから見て透明性の高い、理解のしやすいサービスの提供がますます必要になるのではないかな、と思います。結局、人が集まってナンボの経済なのですから。分かりにくい料金体系よりは、シンプルな料金体系。通信業者とその関連業者だけの利益を考えるのではなく、シンプルなインフラを整備して流動性を高めることで、結果として社会全体が潤うようなシステムを整備する。リスクマネジメントも大変でしょうが、それは、確かな未来を築くための対価でしょう。一刻も早く情報の流動性が担保されることで、日本の未来を担う真の才能が育つ可能性も生まれる。そんな気がしてなりません。素人ですが、素人だからできる発想というのもあると思います。

イギリスComputingの “Jobs and Zuckerberg are making IT ‘sexy’” という記事が興味深いです。CWJobs(IT人材派遣会社のようです)が5500人のIT従事者に対して行った調査によると、そのほぼ半数が、IT業界は5年前よりもより魅力的な業界になっている、と答えているとしています。業界の半数が、自らの仕事を「魅力的」であると感じる、というのは、業界の規模を考えるとかなりのものではないかな、と思います。

そしてさらに、業界を魅力的なものにした要因として40%の人がiPadを挙げていて、Facebookのマーク・ザッカーバーグとともに、Appleのスティーブ・ジョブズを「ITの世界を魅力的(セクシー)にした人物」だとしています。CWJobsのRichard Nottは、ジョブズが現代のトーマス・エジソンである、とまで言っています。数度の大病を乗り越えたにもかかわらず、あんなにも若々しい佇まいで、きらきらと目を輝かせながら基調講演で語るジョブズ。文字通り若い才能を、いっときも休むことなく爆発させ続けるザッカーバーグ。

つまり、記事では、こうした人物たちが業界を魅力的にしてくれたおかげで、若い才能がそこに集まるようになっている、と言っているわけです。

日本の若い才能は、今、どこに集まっているんだろう。

洋行帰りの途上なだけに少し大風呂敷ひろげて、気持ちだけプチ龍馬な感じで、明るい日本の未来はどんなだろう、と、大きなビジョンを描く努力をしてみるオッサンなzackyでした。

『プーさん』に込められたジョブズの思い

「ぼく、もうなにもしないでなんか、いられなくなっちゃったんだ。」

「もうちょっとも?」

「うん少しはできるけど。もうそんなことしてちゃいけない んだって。」

・・・・・・・・

私が「なにもしないでなんか、いられなくなっちゃった」のがいつの頃か、もうはるか昔のことのようで、記憶にありません。子どもの頃のピュアな気持ちなど、はるか昔にどこかに忘れてきてしまって、その痕跡すらありません。

時おり思い出します。子どもの頃に買ってもらったおもちゃのいとおしさを。10代の頃に聴いた音楽のかけがえのなさを。

でも思い出すだけで、そのときに感じたそのいとおしさやかけがえのなさを、再び本当に感じることなど、もはやない、と思っていました。

英国の俳優でありライターでもあるStephen FryのジョブズへのインタビューがTIMEに掲載されています。そのなかでジョブズが明かしたのは Winnie the Pooh がiPad に同梱される、ということ。

緊張のあまり何を質問したか記憶にすらない最初の5分間ののち、フライは例の「リベラルアーツとテクノロジーの交差点」に触れ、「それと、コマース(商売)の交差点もではないですか?」とジョブズに問いただしました。「もちろん商業的な側面もあるけれどそれが出発点じゃない。製品と、その製品を使う人が何をどんな風にできるか、が出発点だ。iBookを見たかい? 」とその問いに答えながらジョブズがフライに見せたのが、iPadに同梱されている『くまのプーさん』で、ジョブズの気取らない愛嬌のある顔が、フライには印象的だったようです。

『プーさん』に、商業センスを覆い隠すためのジョブズのあざとさが透けて見える、という人もいると思います。でも、それならば、大の大人が、このiPadにこれだけ興奮しているのはなぜなのか。

ひょっとして私は、子どもの頃に感じてすでに忘れてしまった「いとおしさやかけがえのなさ」をiPadに期待しているのではないか。

そして、iPadはその期待を裏切らない、と、不思議なことに、私はもはや確信すら持っています。

ジョブズはiPadを “profound” で “magical” なもの、と言います。

「なんにもしないでなんか」いられない大人が、記憶の片隅にかすかに残っているかもしれない子どもの頃のピュアな気持ちと興奮を、ひょっとしたら思い出すことができる。

iPadに込められたジョブズの思いを、まもなく世界の多くの人が受け止めることになります。

ジョブズ、州の臓器法案立法化を支援(動画あり)

引越、体と荷物の移動がとりあえず終了しましたzackyです。これから荷ほどき・・・。

面倒なことは後にして(ウソ)、記事をいろいろとみていたところ、昨日(アメリカ時間だと今日)のジョブズの動く映像が、それも結構長時間ありました。“Apple CEO Steve Jobs joins Schwarzenegger to push organ donor registry”(アップルCEOのスティーブ・ジョブズが臓器提供登録を推進する知事に協力)というSan Jose Mercury Newsの記事です。

カリフォルニアの上院議員が進めている臓器移植に関する法案の立法化に向けた動きをジョブズが支援していて、スタンフォード大学付属の小児病院で行われた記者会見にシュワルツェネガー知事とともに登場しました。この法案は、運転免許を取得あるいは更新する人にDMV(カリフォルニア州自動車局)が臓器提供の意志を尋ね、尋ねられた人がそれにイエス/ノーで答える、というプロセスを盛り込むための法案で、これにより国内で初めて生体臓器登録が可能になり、州内における臓器提供者が倍になるということで成り行きが注目されています。

ご存知の通りジョブズはメンフィスで肝移植の手術を受けましたが、カリフォルニアで手術ができなかったのは、州内で肝移植手術が行える可能性が低く、スタンフォードの主治医にメンフィスでの手術を勧められたからだ、ということです。ただそれを可能にしたのはジョブズの財力でもあります。つまり肝臓が移植可能な4時間の間にひとっ飛びできる手段(自家用ジェット)があればこそ可能だったということ。昨年は臓器提供を受けられずに400人が州内で亡くなったそうですが「私も死んでいたかもしれない」と、自身の幸運に感謝をしていました。だからこそ、可能性を少しでも高めるこの法案の立法化にむけて協力したい、ということのようです。

動画は30分少々ありますが、ジョブズは13分ちょうどぐらいから2分少々スピーチをしています。

Mercuryの記事ではジョブズがフォーカスされていますが、法案自体に興味がある方は知事室のサイトに詳しい内容がありますのでそ ちらをご参照ください。

Apple TVの行く末 + ホンモノiPad CM

昨日、アカデミー賞がらみの記事を書きましたが、そのアカデミー賞会場で大きな動きがあったようです。

おわかりかとは思いますが若干ウォーリーをさがせ状態ですのでクローズアップ。

いらっしゃいました。この写真の他にもトブiPhoneさんが 9 to 5 Macに掲載されたジョブズ氏の写真を紹介されています。9 to 5 Macでも黒のタートルではなくタキシードにボウタイ、というところをいじってますね。

彼が会場に現れた一番の理由はもちろん(結果として長編アニメ賞を受賞した)『カールじいさんと空飛ぶ家』がノミネートされていたことでしょうけれども、上の写真を掲げたCNetの記事ではジョブズが “an ambiguous, powerful figure in the entertainment industry”(エンタメ業界において漠として有力な人物)であることも理由のひとつだ、としています。iTunesストアが映画業界ですでに大きな存在になっていて、iPadはさらにこの状況を変化させることが予想される、と。さらにはますます混乱をきわめるテレビ業界の事情も手伝って、アップル製品のなかで最も目立たなかったApple TVによって、アップルがビデオや放送業界でより大きな影響力を及ぼす(”to flex a bigger muscle in video and broadcast entertainment”)転機になるかもしれない、などと、非常に面白い展望を示しています。

そんなアカデミー賞の会場で、ニセモノが世間を賑わしておりましたが、ホンモノのiPad CMがお披露目されたようです。それがこちら。

軽快なThe Blue Vanの “There Goes My Love” が、登場を待ちわびているファンの高ぶった気持とシンクロして、いよいよだなっ、と、さらに期待感を高めてくれます。

iPad。先を見据え、道をつくる。

ねぼけまなこで書いた日本語があまりにも変だったので、書きなおしました。

・・・・・・・・

iPad。

一度はしっくりきたと思ったのですが、少しゲシュタルト崩壊気味です。

padって、そもそもなんなんだ、と改めて疑問を持ってしまいました。

英和辞典はいろいろありますが、敢えて英辞郎の “pad” の意味。

名詞。

【名-1】当てもの、パッド、詰め物、当て物、埋め板

【名-2】メモ帳、便箋

【名-3】〔動物の〕足の裏の柔らかい部分

【名-4】〈俗〉家、部屋

【名-5】生理用ナプキン

んー。私的には2番目の意味あいでしか見てなかったな。1番目はどーなんだろう。

動詞。

【自動】徒歩で[歩いて]行く、そっと歩く、踏み固める

【他動-1】~に詰め物をする、いっぱい詰める、当て物をする、~を長引かせる、水増しする

【他動-2】~を徒歩で[歩いて]行く、そっと歩く、踏み固める

「踏み固める」ねえ。

「水増しする」? iPhoneあるいはiPod Touchの「水増し」がiPad?

・・・・・・。

正直言うなら、iPad、当たり前すぎる、っていう気がするんです。

当たり前、というのは、名前じゃなくて、製品のこと。サプライズがある意味なかった。予想を上回ることがなかった気がする。でも、iPadっていう名前は、一見当たり前みたいだけど、本当に当たり前か? 確かに予想されていた名前の中にはあったけど、少し意表をつかれた気がした、というのが、ジョブズが最初にiPadと言ったときに受けた印象かも。

サプライズはなかったけどもちろんアップル製品としての基準は完全にクリアしている。だんだんと欲しくなってきて買いたいと思い始めた。発売されるまでになんとか口実をつくって買おうという気持ちにも完全になっている。不満などあろうはずがない。

でも、製品としてのインパクトは、あるのかな? 特にiPhoneに慣れてしまったユーザーに対しては?

アップル信者であろうとして、無理やり嵩上げして見ている、っていうことはないかな?

自問自答しました。

やっぱり「リベラルアーツ」に答えがあるような気がします。

「リベラルアーツ」について先に触れましたが、ジョブズが中退したリード大学はリベラルアーツ・カレッジ。ちなみにアメリカ合衆国の現大統領バラク・オバマもハワイを出て初めて本土で通った大学がLAにあるオクシデンタル・カレッジというリベラルアーツ系の大学です。その後オバマはコロンビア大学に行きます。

リベラル・アーツ・カレッジは全寮で少人数制をとっているところが多く、まさに教養を身につけ、しっかりと考えることを学ばせる教育機関である、というのが一般的なイメージです。治安が悪い都市部の大学に通わせるより、自然の中でしっかりと子供の面倒を見てくれる全寮制の大学に通わせたいと思うアッパーミドルクラスの家庭の子息が多いかたわら、人種的マイノリティ、経済的弱者層に属する学生が多く、奨学金を得ている学生の割合も多いようです。その後、より専門的に学ぶために大学や大学院に行く卒業生も多い。

ジョブズのUIに関する思想は、できるだけ多くの人に開かれたインターフェースをいかに実現するか、という一点に集約できると思うのですが、iPadは、その思想が端的に現れている製品だということは間違いないと思います。そして教育の分野でもその思想が生かされる可能性は高い。

そんなiPadが、果たしてアップルが提示するタブレットの最終形態なのか?と問うとき、あくまでiPadはとっかかりにすぎないのではないのか?という感慨があります。もちろんタブレットデバイスとして群を抜いていることは間違いないんだけど、そんなことは当然で、ひょっとしてもっとずーっと先の、このジャンルのデバイスの発展性を見越した上で、夜明け前の、まだまだ黎明期のデバイスとしての存在感を示すことが、今回のiPadの発表に込められた真の意図だったのかも、などと思ったりもします。デスクトップピクチャは夜明け前だし。発表時のジョブズのプレゼンも、iPhoneのときのもったいぶった導入に比べるとなんだかあっさりだった気もしますし。むしろこれからが大事なのだと。

iPadを通してジョブズが見据えるのは、ひょっとしたらわれわれの想像だにしない、ずっとずっと先の未来のことなのかもしれない。

ギークだけが使えるものではあるはずがない。万人がすべからく使える製品でなければならない。でも子供だましではない。世界の深奥までたどりつけるのではないか、と思わせるようなデバイスでなければならない。

リベラルアーツに話を戻すと、ジョブズとオバマというリベラル・アーツ教育を経た二人の巨人が今のアメリカをある意味牽引している。テクニカルな面で肝心なところではウォズに頼りっぱなしだったジョブズ。その意味では、モノづくりに対する執着はあったはずですが、ウォズとの比較で言うならジョブズはギークではなかった。専門性ももちろん大事なんだけど、しっかりと鍛えられた思考の上にこそ、豊かな専門性は成り立つ。そのためのリベラルアーツ。ジョブズはオバマによる一般教書演説と同じ日にiPadイベントを行いましたが、リベラルアーツをキーワードにして二人の関係性も読み取れる。もはや偶然と言うには無理がある。

そんな感慨を、iPadを通じて持つに至っております。

【他動-2】~を徒歩で[歩いて]行く、そっと歩く、踏み固める

うーん。歩みだしは賛否入り混じるはっきりしないものだけど、着実にしっかりと道を踏み固めていく。

iPadが今まさに、道をつくり始めた、のでしょうか。