オフ会報告

当ブログでも告知いたしておりましたが、3月27日に六本木「豚組 しゃぶ庵」さんで行われました「KindleとAppleの会」、盛会のうちに終了いたしました。
この会は、当ブログ管理人のzackyが日ごろお世話になっておりますThe Art of Marr’s BlogのMarrさんが、Marrさんと私zackyの趣味趣向にご賛同いただける方々にお集まりいただき、美味しい料理を囲んで語らおう、という主旨で企画されました。
当日はもう4月も間近というのに冷たい風が吹きすさんでいましたが大勢の方がお集まりになり、謳い文句の「史上最高の豚しゃぶ」通りめちゃくちゃ美味い豚しゃぶをいただきながら、zacky的にはまこっっとに為になる話をいろいろと伺うことができました。
実は私、そもそもオフ会というものに参加すること自体が初めてでしたので最初はいささか緊張していたのですが、みなさんの非常に広く深い知見に触れていくにつれだんだんと大胆になってお話に加わらせていただくことができたかな、と思っています。いやー、オフ会っていいですねぇ(笑)。また機会があったら参加させていただければと思います。

何を隠そうMarrさんは私のブログとTwitterの師匠で、半年ほど前に右も左もわからずブログを初めて以来、アドバイスをいただいたりして本当にお世話になっています。Marrさんにはこの場を借りて改めてお礼申し上げます。
また、会にご出席になさった皆さま、会の冒頭の自己紹介で申し上げた通り、まだまだ未熟者なので、今後もいろいろとご教示いただければ幸いです。
会がある!というといきになかなかすぐには出向かえないところ(奈良)に住んでいるのですが、機会があればぜひまた参加したいと思っていますので、今後とも皆さまよろしくお願いいたします。

それと、おでこさん。
びっくりしました。
いそがしくて結局桃ラーを買えずじまいで、なんだかなー、と思っていたところ、「しゃぶ庵」で桃ラーを食することができるなんて、思ってもいませんでした。会に参加のみなさんも桃ラーは初めてのご様子でしたので、すごく喜んでおられました。
素敵なサプライズ、ありがとうございました。

というわけで、zacky初めてのオフ会は、とても良い思い出になりました。
Twitterに関しては、まだまだ私は使いこなせておらず、対応が不十分になってしまっているかもしれないので、ご容赦いただければと思います。
改めてMarrさんはじめ、参加された皆さまに御礼申し上げたいとおもいます。ありがとうございました。

しゃぶ庵のおいしいお肉をバックにおでこさんサプライズの桃ラー

広告

Instapaper + Kindle最強伝説(但し”The Tablet”前)

超久々にKindleに関するテクニカルな話題。

密かにTwitterを使っているzackyですが、今のところ自分がつぶやくよりは、他の方々のつぶやきを読ませて頂くことで情報収集に役立たせていただいている、という用途のほうが勝っています。

TwitterのクライアントとしてiPhoneでは最近TwitBirdを主に使っていて、その理由がInstapaperを手軽に使えること。Instapaperはウェブページのブックマークができるサービスで、TwitBirdで表示されるウェブのリンクからInstapaperにブックマークすることができます。TLをフォローするときは記事を読む余裕がないので、気になったつぶやきに関連したウェブページを後からInstapaperのサイトにログインしてまとめて読むことができます。ほかにも(MacやPCの)SafariのブックマークバーにInstapaperのブックマークレットを追加して、気になった記事をとりあえずInstapaper上にブックマークし、あとでiPhoneで読む、といったTwitterとは関係のない使い方もあります。

Instapaperで気に入っていたのが、読めずに記事がたまってきたときに、Kindleで読めるファイル形式にたまった記事を変換し、そのファイルをKindleに転送し、時間があるときにKindleで記事を読むことを可能にする機能。最近までは、変換できる情報量に制限があって、読まずにためている記事を全てKindleに転送できなかったのですが、先日試したところアップグレードされていたらしく、20ぐらいの記事が全てKindleに転送されていました。これはいよいよ使える機能になったなと思っていたそんな折、TechCrunchでも同様の利用法に関しての記事が載っておりました。かなりお役立ちの便利機能で、スキマ時間活用のある意味最強のものとも言えますが、もちろんアップルのタブレットが出てくれば最強の立場は極めて怪しいものになります。

ただKindleがいいのは、一回充電したら何日も持つということ。アップルはおそらくこのあたり、電子ブックのみに機能を絞ってくることはありえないでしょうし、そうなると駆動時間が非常に重要な鍵になりそうな気配。総合的に判断する必要がありますが、以前私が、しばらくはKindleはアップルの新しいタブレットとは競合しないんじゃないか、と書いた理由もこのあたりによります。文字を読むだけなら高機能のディスプレイじゃなくても、Kindleの電子インクで十分といえば十分。Kindleは軽いですし。(私のブログの師匠Marrさんは別の観点からの”The Tablet”とKindleの共存説を唱えてらっしゃいますのでご参考に。)

ちなみにこの記事を書いたのはMG Sieglerですが、前々回とりあげた、タブレット記事の過熱ぶりを批判していたPaul Carrについて、彼自身とカーとのタブレットの予想に関しての立場の違いをこの記事の最初に書いています。カーってTechCrunchのレビュワー仲間でも意識されている存在なんですね。

『ツィッターの世界』by David Pogue

珍しくツイッターについて。

たびたび拙ブログでも紹介しているアップル系ライターDavid Pogue氏の最近のつぶやきは、彼が昨年の9月に出版した The World According to Twitter を「うまくまとめてくれてる書評」についてのものでした。タイトルがジョン・アーヴィングの『ガープの世界』を連想させますが、どういう本かというと、ツイッターでの「140字以内で言えるダジャレは?」「このリスの写真にキャプションをつけるなら?」「親が子どもにできる最良のアドバイスは?」などといった問いかけに対するフォロワーのリプライのなかから選りすぐったものをまとめたもののようです。私的には、あらま商売上手、と思う反面、面白い試みだとも思います。

ポーグのフォロワーはこの本の出版当時(2009年9月)は20万人でしたが、現在では130万人ちかく。2009年がツイッターにとって大きな飛躍の年になったことが、彼のフォロワー数の推移を見るだけでもわかります。かくいう私も始めたのはごく最近です。

私がツイッターを実質的に始めることになったのは、私のウェブの師匠であるMarrさんとのブログでの出会いがきっかけでした。使い方すらわからず数回つぶやいただけで放置していましたが、Marrさんに促され、やっぱりちゃんと使ってみよう、と思い立ちました。次の日から、ちょっとした隙間時間に iPhone で(このときはTweetDeckを使っていたかな)つぶやいたりつぶやきを見たりしていました。するといきなり松村太郎氏、さとなお氏などからのフォローがいただけるという幸運に恵まれ、俄然やる気になりました。もちろん私のつぶやきをご覧だとは思いませんが、「フォローされている」という事実が、私のような初心者にとっては、ウェブで立ち回る上での凄く強烈な動機付けになるわけです。ツイッターを通じて情報を得るだけではなくて、何か人様の役に立つようなことを自ら発信したい、という、Give & Take な能動的サイクルに、こうしたことがきっかけで入って行けたわけです。

もちろん私が Give できることはまだ極めて限定的です。私のツイッターによる世界はまだ作られ始めたばかりです。でも歩みは遅くともがんばって行こう、というのが、少し遅めですが私の新年の決意になります。

タイガー・ウッズとTwitterとボブ・ディラン

タイガー・ウッズがTwitterを始めた,というわけではないのですが,今朝TechCrunchのつぶやきをフォローしていたら “This Is Why The Internet (And Twitter) Wins“というツイッターがらみの記事が載っていたので見てみたら,新聞やテレビなどの旧メディアのニュースがなぜインターネット(この場合特にTwitter)によって凌駕されていくのか,という論を,早速タイガー・ウッズの今日の自動車事故のニュースに言及しながら展開していたんですけど,私としては45分とか30分早くてどないやねん,せからしかー,と思う反面,Twitterを早くから始めていたGuy Kawasakiが,Twitterはマーケティング・ツール,と言い切っていたのを何かの番組で聞いた気がするんですが,マーケティングツールとしてTwitterを使う場合には,そうした分単位の遅い早いが,死活問題になってくることもあるだろなー,と思ったりもすることはする一方で,まだまだつぶやき方も覚束ず一日に1回つぶやくかどうか,というきわめてまったりとした使い方をしている私にとっては,後学のために憶えとこ,と思う記事でした。

ボブ・ディランのTweetをフォローしていますが,忘れた頃に「今日のライブ」みたいな感じでつぶやいておられて,まったりしていてよろしいです。こういう人のつぶやきを見ると,やっぱりマーケティングツールなんだなって思います。でも本人がつぶやいていてほしいですね,やっぱり。

1ヶ月

今日でブログをはじめて1ヶ月。

やはり,毎日は無理でした。でも,自分で書き出してからいろんな方のブログを書き手目線で見るようになり,毎日書く,という目標もいいけど,しっかりした内容のものを週1回,というのもいいな,とも思うようになりました。

師匠(!)のMarrさんに促されるようにTwitterも始めて,コミュニケーションのためのインターフェースの多様さとか意味とか,実際に使うまではわからないことがわかり始めました。

それまでネット上での意見表明もしたことなかったのですが,良いコミュニケーションを継続させるために,こうしたインターフェース上でどのように発話すべきなのか,ということも考えるようになりました。そういう意味ではTwitterはまだまだ私にとってはかなり上級モードです。

とはいえ,Twitterは始めてまだ実質1週間ですが,本当に素敵な方々にフォローしていただき,いきなり醍醐味を味わってる気がします。これからが大変なのは充分承知で,地道に続けたいな,と思っています。仕事が立て込んできたときなんかが,今までの私なら,ヤバいんですけど… とりあえず弱音は吐きません。

次に目指すは1年です!

Twitterクライアント

Twitter初心者のzacky1016ことザッキーです。

ただいまクライアントの選定から勉強中です。

システムがよくわかってません。iPhoneでは Echofon, Tweetie, TweetDeckを,MacではTweetDeckとSeesmicを入れて,使い勝手を比べています。まだ比べるほどの知識もないんですが。

どれも一長一短だなあ,という感じです。

ただ,Seesmicは早々に諦めそうです。SeesmicでのtweetがTweetDeck(MacとiPhone両方)に正しく表示されないことがわかりました。iPhoneのTweetDeckは固定になりそうなので,必然的にSeesmicはアウト。坂本龍一氏がSeesmicを使っていたので試しに,と思いましたが,残念です。

Twitter → TWiT

最近Tweetしはじめております。だからTwitterについて書こうと思ったのですが,Webを残念がってる暇もないハイブロウな人たち:Leo Laporte vs. Michael Arrington,という記事が目に入ってしまい,インパクトがありすぎてこっちが気になってしまいました。TWiT.tvのレオ・ラポートがTechCrunchのマイケル・アーリントンにブチ切れてます。(Twitterについてはもう少し理解してから書くことにします。使うまでと使ってからのTwitterに対するイメージが180度変わってしまった,ということだけは今言いたいので言っておきます。)

TWiTは10回目ぐらいから聞いています。今週で216回ということだから,もうかれこれ4年ということになりますが,レオのhigh-spiritedな声を聞くと内容とは関係なく(!)私はとりあえず元気になれます。MacBreak WeeklyWindows Weeklyなど彼がホストする番組は週10個では済まないんじゃないでしょうか。

Palm Preの一件は,TechCrunchの番組Gilmor GangがTWiT.tvに移ってきて間もない頃に起こって,Gilmor Gangはこの後TWiT.tvからなくなりました。マイクはレオが「タダで」Preを入手したことをことさらに強調して煽って(レオの言葉だと”trollish”)ます。何もそんなに怒らなくても,というのは,表向きの(馬鹿っぽくさえ見える[もちろんわざとですが])陽気さとは裏腹のレオのテクノロジーに対する真摯さと厳しい目を知らない人のセリフでしょう。(追記:これではレオを良く言い過ぎでしょうか。「同じ業界人なのに何自分は身奇麗みたいなことぬかしてやがるんだよ(怒)」というところ?)

もちろんお互い事情はあるのでしょうけど。しかし見事な切れっぷり。ある意味クールです。


D