Type PにWindows 7 + 今日の「マカー」度

Type P、手にしてから3週間たちました。

見た目Snow Leopard化を行い、そのあとパフォーマンスが少し落ちた気がしたので、どうせリカバリするなら「七」を入れようと思い立ち、入れてみました。

うーん。たぶん、その気になれば使えます。モッサリ感も、そんなにありません。ただ、XPで非常に効率のよい作業が可能なのに、またXPに最適化(VGN-P50+SSD換装+ERAM)されているのに、わざわざなあ、という気持ちもあり、結局はXPに戻してしまいました。

私にとってのType Pを使いたいと思う条件は

① 移動が多い日の隙間時間にある程度しっかりした文字入力環境がほしい

② 英辞郎、リーダーズ・プラスなどの辞書を、ある程度しっかりと参照したい

③ 仕事の効率より荷物の軽さをどちらかというと優先したい

④ 子供の世話をしながら仕事しなければならない(MacBook Airの身の安全の為)

あたりでしょうか。④以外は「ある程度」とか「どちらかというと」という、妥協点を見極める必要があります。少しでも多く本を鞄に入れたいときなどは、700グラム程度の差は、本にもよりますが、2、3冊ぐらいにはなりますので、本を多く持ち運びたいケースではType Pの軽さは大きな利点です。

心身充実しているときって、MacBook Airプラス本7、8冊とかでも平気なんですよね。Proでもいける。

でも、体調が良い時ばかりじゃないし、そういう時に限って仕事が立て込んでくるのが人生なので、体への負担を減らす選択肢が一つ増えることになったのはいいことです。

それと、Type Pにはモバイルギアのノスタルジアを感じてしまう部分があって、とにかく一度は使ってみたかったっていうのは大きい。それと、Airでさえ持ち出すのがしんどいときでもType Pなら持てる、ということは何度かありました。3週間使った今、おそらく、毎日ではないでしょうけど、ずっと使い続けるような予感です。

しかし、Windows 7。Type Zに 7 を入れていますが、主に職場での限られた状況下での使用を想定しているので、実のところほとんど触れていません。なので私にとってのWindowsは未だにXPのままです。結局。積極的に使いたいという気にはならない。あくまで個人的な感触ですけど。やっぱり結局なんだかVistaのときと同じだなー。

すっかりマカーなんですよ。すでに。改めていうまでもないんですけど。「七」を使う必要性をそもそも感じない。ニューヨーク・タイムズのデイヴィッド・ポーグによる、VistaがOSXの意匠をパクッてることを皮肉った動画は前に紹介しましたが、この動画の指摘がどのくらい当たってるのか私にはわかりませんが、私的に今の(Snow) Leopardのできがよすぎることだけははっきりしてます。アップルのハードとソフトの一元管理による最大で最良の結果が出ている、というのも正しい言い方なのかどうかわかりませんが、とにかくすんばらしい。

そんなわけで。

気になったものを試してみて、「イイ!」と思うものを使いたい、という性分なので、独断と偏見に満ちていますが、私なりの指標を作ってみます。

現状ではすっかりMacに入れ込んでおりますので、この状態を「マカー度」として表わしてみようと(笑)。これこれのガジェットに触れた時間、とかではなく、あくまで私のなかでの「好き」とか「使える」とか「ずっと使いたい!」という思いとか、そういう指標です。もちろんMac & Windows両陣営のサポーターの皆様からいろいろとご意見を賜ることで、「客観性」も担保されてくる(かもしれない)ので、よろしくお願いします。

ということで今日から、「今日のマカー度」インデックスを最後につけてみます。

「今日のマカー度」 93%

Type Pお目見え+プチフリ対策奮闘記

昨日Type Pが届き、久々にほぼ徹夜でセットアップ。

今回購入したのはVGN-P50(XPモデル)というType Pでは最廉価版。SSD(Photofast G-MONSTER 1.8 ZIF V2 PF18Z64GSSDZIFV2) に換装済みでヤフオクで5万ジャストということで、私的に非常に魅力的だったのでギャンブルしてみました。

マシンそのものは魅力的なのにAtom+Vistaしか選べないのがTypePの悲しみでした。XPモデルが出た時もSSDが32Gのみという、 MSのOSマーケティングの犠牲になってる感は否めず、かといってVistaをダウングレードまでして、という気にもならず、放置していました。それになんといってもMacBook Airがありますから。

しかし、子育て真っ最中のわたし、隙間時間の生産性を追求する必要に迫られていたのも確かなのです。そう、4歳の息子にはAirが格好のおもちゃに見えてしまうんです。Airを愛しすぎるがゆえにAirを使うことが憚られるという状況。非常に微妙なものです。

結果、試すことにしました。VAIO Type P。(これなら息子にさわられてべたべたになってもいい、というわけではないのですが・・・)

Photofast製SSDに換装したWin機のプチフリ報告は数多あり、結局使えない、という可能性は十分考えられましたが、以前eeePC 901xでSSD換装を試みてプチフリを克服した経験があったことだけを心の糧として、チャレンジしました。

結果、成功しました。しかしわりとてこずりました。

まずFAT32へのフォーマット変換での解決を試みましたが、VAIOの仕様により、私には敷居が高 すぎることが判明。RAMディスク導入へ方針変換しERAMを試したところ、瞬時にプチフリ問題解決!と思ったら、徐々にプチフリが・・・。うーん、馬鹿なことにパーティションを切ってしまっていました。SSDはパーティション切ってはダメ、ってどこかで聞いて知ってたはずなんですが。Partition Managerでパーティション解除して、あまりにもひどい断片化はSSDといえどさすがによくないので、デフラグかけました。真っ赤でした。

さて、デフラグも終わり、恐る恐る試したところ・・・

プチフリ克服! できたようです!

書き込みが遅いという難点はあるも のの、致命的というほどではありません。大きなプログラムをインストールするときには多少待つ感じですが、そのほかは影響ありません。ファイルの移動も結構速いです。起動も30秒台と爆速です。シャットダウンも速い。

現時点で少々問題なのはキーボード配列。このサイズにしては奇跡的に実質的に使えるキーボードなのですが、右側のシフトキーが小さすぎて、矢印キーをたたいちゃいます。それとスティックポインタ、なかなか使いやすいのですが、G/H/Bキーの真ん中にあって、まれに触れてしまったときに反応して、ポインタが飛んでしまうときがあります。あと半角・全角キーの位置にもなれが必要。普段あまりしませんが、キー割り当ての変更をしたほうがいいかもしれません。親指シフトかな。

ともあれ、実質的に使えるキーボードを備えて重量600グラム前後という、持ち運ぶことに躊躇を感じることはまずないバランス。これからは、ちょっとしたすきま時間にTyep Pを使ってみます。

でもAirのことは決して忘れるわけではありません。Airが私にとってのベストバランスであることはゆるぎのない事実です。これからも私はAirと一緒です。時間と荷物に余裕のあるときは連れて行きます。

なんでこんなにAirに弁解してるんだろう。やはり愛ゆえなのでしょうか。

以下とりあえず備忘録。

ERAM導入。実デバイス扱いにチェック、OS管理は固定、ディスクサイズは64000k、OSに通知のチェックはオフ。

Chromeのキャッシュ、ERAM退避の方法チェック。

仮想メモリオフ、ディスクの復元オフ、インデックスをつけて検索を速くするオフ。

モバイルとマック

しかしあれです。まだマックです。

10年以上前からMac使ってましたが,別にApple信者というわけではなかったんです。たしかに初めてのパソコンはPowerMac 7600/200 ではありました(それまではワープロ。あとBASICを勉強しようと思って挫折しゲーム専用機となった「ポケコン」PC1350)。でもしょっちゅうフリーズするOSに,寛容に対峙しつつもWindowsと併用し始め,その後メインはWindowsに。iBook G3をサブで使いつつもメインマシンにする気持ちにはなりませんでした。確かにJaguarからPantherに上げたときには,OSXの感触は良くなった印象はありました。それでも2005年にThinkPad X40をモバイルのメインで使い始めてからは,しばらくマックは関心の外でした。このころからモバイル熱が出始めて様々なモバイルWin機を渡り歩きました。そうこうしていると2008年にAir登場です。Leopardがいい,というのは聞いてました。Vistaへの移行に不満があったクチでしたので,Macの軽量ノートを待ちかねていたこともあって,ひとつ試しにと,4月ごろに値が落ち着いたのを見計らって購入。

やられました。

13インチディスプレイとフルサイズのキーボードがモバイルできる。結構気軽に。完全にはまりました。私的に。

重量,キーボード/ディスプレイの大きさ,処理性能,堅牢さ,拡張性。モバイルはこのバランスのどれに重点を置くかで決まるわけです。Libretto50にはじまって,EpsonDirect NT2600(モバイルじゃないし),モバギ+モバギスピンオフ多数,X40,X61タブレット,LOOX-UとかP(Pは間を置いて2回試しました),eeePC901,Dynabook SS,VAIO TypeZ,ポメラ(?)にいたるまでいろいろモバイル機は試しました。みなそれぞれにいいんです。

でもね,なんか言い訳して無理に自分を納得させてたんです。ずっと。手が小さい方だからB5サイズキーボードでも大丈夫,とか,軽量だからキーボードとかディスプレイのたわみが大きくても仕方がない,とか,小さいから処理性能はある程度ショボくてもしゃあない,とか。

MacBook Airはモバイルへのそういうわだかまりを払拭させてくれたわけです。「薄い」ことが強調されていたので強度に対する不安がありましたが,アルミの削り出しの強さはハンパないです。ディスプレイもキーボードも「たわみ」とは無縁です。他製品と比較して拡張性も加味すると1.3キロに問題ありという意見もあるようですが,この筐体の強度と13.3インチで1.3キロはむしろ軽い,とハッキリと言えます。バッテリはね,たしかに少し物足りないです。でも3,4時間不安なく使えます。丸一日本気で使うときはアダプタ持っていきますが,1ヶ月に1度あるかないかです。

筐体の美しさとか所有欲を満たすとかそういう言い方もあるかもしれませんが,実質的に使えるモバイル機なんです。MacBook Airは。見た目のインパクトが強すぎるので,審美的なレビューが多いのも仕方ないと思うのですが,1年半使ってみて思い起こすのは デザインと機能に関するジョブズの哲学です。大切なのは機能なんですよ。

たしかに出先でも何時間もプラグインしないで稼働させる必要があるようなビジネスシーンには向かないでしょうね。それと,アルミでたわまない=可塑的ということになるので,落とすとまずい,というのはあるわけです。(私の場合はずっとモバイル人生してますが,落としたことって一度もないです。この先落とさないともかぎりませんが。)だから落とすことを心配するひとには向かないでしょう。その意味では使う人を選ぶ機種なのかもしれません。私は別に「選ばれた」とは思ってませんが。ていうか選ばれてるのか。いずれにせよ強調したいのは「このOSにしてこの筐体の強度と質感と13.3インチで1.3キロ+実質4時間駆動」という点。

・・・うーん,

ブログタイトル,ザッキーのAppleブログにしたほうがいいかな。