Type PにWindows 7 + 今日の「マカー」度

Type P、手にしてから3週間たちました。

見た目Snow Leopard化を行い、そのあとパフォーマンスが少し落ちた気がしたので、どうせリカバリするなら「七」を入れようと思い立ち、入れてみました。

うーん。たぶん、その気になれば使えます。モッサリ感も、そんなにありません。ただ、XPで非常に効率のよい作業が可能なのに、またXPに最適化(VGN-P50+SSD換装+ERAM)されているのに、わざわざなあ、という気持ちもあり、結局はXPに戻してしまいました。

私にとってのType Pを使いたいと思う条件は

① 移動が多い日の隙間時間にある程度しっかりした文字入力環境がほしい

② 英辞郎、リーダーズ・プラスなどの辞書を、ある程度しっかりと参照したい

③ 仕事の効率より荷物の軽さをどちらかというと優先したい

④ 子供の世話をしながら仕事しなければならない(MacBook Airの身の安全の為)

あたりでしょうか。④以外は「ある程度」とか「どちらかというと」という、妥協点を見極める必要があります。少しでも多く本を鞄に入れたいときなどは、700グラム程度の差は、本にもよりますが、2、3冊ぐらいにはなりますので、本を多く持ち運びたいケースではType Pの軽さは大きな利点です。

心身充実しているときって、MacBook Airプラス本7、8冊とかでも平気なんですよね。Proでもいける。

でも、体調が良い時ばかりじゃないし、そういう時に限って仕事が立て込んでくるのが人生なので、体への負担を減らす選択肢が一つ増えることになったのはいいことです。

それと、Type Pにはモバイルギアのノスタルジアを感じてしまう部分があって、とにかく一度は使ってみたかったっていうのは大きい。それと、Airでさえ持ち出すのがしんどいときでもType Pなら持てる、ということは何度かありました。3週間使った今、おそらく、毎日ではないでしょうけど、ずっと使い続けるような予感です。

しかし、Windows 7。Type Zに 7 を入れていますが、主に職場での限られた状況下での使用を想定しているので、実のところほとんど触れていません。なので私にとってのWindowsは未だにXPのままです。結局。積極的に使いたいという気にはならない。あくまで個人的な感触ですけど。やっぱり結局なんだかVistaのときと同じだなー。

すっかりマカーなんですよ。すでに。改めていうまでもないんですけど。「七」を使う必要性をそもそも感じない。ニューヨーク・タイムズのデイヴィッド・ポーグによる、VistaがOSXの意匠をパクッてることを皮肉った動画は前に紹介しましたが、この動画の指摘がどのくらい当たってるのか私にはわかりませんが、私的に今の(Snow) Leopardのできがよすぎることだけははっきりしてます。アップルのハードとソフトの一元管理による最大で最良の結果が出ている、というのも正しい言い方なのかどうかわかりませんが、とにかくすんばらしい。

そんなわけで。

気になったものを試してみて、「イイ!」と思うものを使いたい、という性分なので、独断と偏見に満ちていますが、私なりの指標を作ってみます。

現状ではすっかりMacに入れ込んでおりますので、この状態を「マカー度」として表わしてみようと(笑)。これこれのガジェットに触れた時間、とかではなく、あくまで私のなかでの「好き」とか「使える」とか「ずっと使いたい!」という思いとか、そういう指標です。もちろんMac & Windows両陣営のサポーターの皆様からいろいろとご意見を賜ることで、「客観性」も担保されてくる(かもしれない)ので、よろしくお願いします。

ということで今日から、「今日のマカー度」インデックスを最後につけてみます。

「今日のマカー度」 93%

広告

マカーから見たWindows 7

現在マカーなzackyですが,Winを全く使わないわけではありません。Mac9割,残りWinという感じです。

Win機は職場にOptiplex GX270(DELL)とVAIO type Z,家にThinkPad X40とNetVistaとNT2600 (EpsonDirect) があります。こんなに必要であるはずはありません(笑)。ただそれぞれなんとなく役割があって,ゆるーく全て使っています。いずれいくつかを処分しようとは思っているのですが。

このうちのVAIOとX40にWindows 7を入れました。先週のことです。

Type Zは,HDDですがCore 2 Duo P8600にメモリ4G積んでいるので,Vista時代でもレスポンスに関しては何の不満もありませんでしたが,どうしてもVistaの操作性になじむことができませんでした。XPへのダウングレードも考えましたが,諸々面倒なので,Vistaのまま放置,畢竟利用頻度はきわめて低くなりました。プレゼンなどでちょいちょい持ち出したり,たまに人に使ってもらったり,という予備機状態。名機なのに,ああ,もったいない,という感覚だけがオフィスに浮遊していました。

Windows 7の評価版の登場後,Type Zの場合はアップグレードすると輝度調節やグラフィックの切り替え等が効かないなどの問題報告がちらほら見られていました。正式版がでてからも,そうした問題が解決した,という報告が見られなかったので二の足を踏んでいたのですが,少し時間ができたときに試しに入れてみました。するとあっさり何の問題もなく,他の作業をしながら2時間程度でアップグレードも終了。輝度調節もグラフィックの切り替えもできます。なーんだ。やはりものは試しだな,と思いました。

vaio z w7パフォーマンス評価は4.4。モバイルノートとしては優秀なほうだと思います。操作性もVistaに比べると若干直感的になったようで,扱いやすくなった気がします。

ただですね,私としてはやはりLeopardに軍配を上げてしまいます。VistaもそうですがWindows 7についても,その階層化にいつまで経ってもなじめない。まあ,これは使っている時間にもよるかもしれません。慣れようという気持ちで長時間使っていれば問題ないのかなとも思います。その意味では私のわがままなのかもしれません。Windowsに慣れている人から見ればLeopardも最初はわからないことだらけでしょうし。

でも使えばその違いがわかります(鼻息)。比較するものがあったときに,状況が許すならば,使いやすい方を使う,というのは,これは労働の対価として得られるお金の幾ばくかを払ってマシンを購入するユーザーのまっとうな権利です。散々いろいろと試した末にMacを使っている私から言わせるならば,そういう悩めるユーザーが使ってしまうマシンとOSを作っているアップルがすごい,ということです。先日のエントリでも書きましたが,’97年頃のMacは私にとってはまさに今のWindowsだったわけです。私なりに、いいものとそうでないものを選択する用意はいつでもあります。そのうえで今は圧倒的にMacを支持しているZackyなわけです。

現在,私的には私の人生において最も充実した時間(仕事でも私生活でも)を送っていて,そうした時間をMacとともに過ごしていることに幸せを感じます。同時に、はなっからWindowsを否定する気持ちもありません。いい、と思わせてくれるなら使う準備はいつでもあります。あくまで私の個人的な今の状況が,自然とMacを選ばせている,ということでご理解いただければと思います。まだ使い始めて間もないですし,長いこと使っていればもっとポジティブな面も見えてくるかもしれないので,今後とも7についてはじっくりと私なりに評価していきます。

WindowsをOSXとの比較で考えるときにいつも思い出すのが,New York TimesのDavid Pogueの皮肉たっぷりのVistaのビデオレビューです。もう3年前のビデオですが,このビデオを見て,やっぱりマック使いやすそうだなー,そのうちマック本格的に使いたいなー,と考えていたことを思い出します。今やすっかりマカーなzackyでした。