スティーブ・バルマー on ジミー・キンメル・ライブ!

私、Jimmy Kimmel LiveというアメリカABCのレイトナイトトークショーが好きなのですが、日本のテレビでは当然見られないのでYouTubeのJimmy Kimmel Liveチャンネルで番組をときどきチェックしています。芸能人や時の人を呼んでのインタビュー、ニュースをネタにコメディアンの本領を発揮する話術、この番組をある意味象徴している “This Week in Unnecessary Censorship” という、説明するのもくだらない、でも掛け値なしに笑えるコーナーなど、見どころはいろいろある番組です。トークショーはどこでもやっていることですが、毎回ライブゲストで豪華なミュージシャンが演奏していたりもします。さっきちらっと見てみたらHeuy Lewis & the Newsがライブで出演してました。ミュージシャンのチョイスもナイスです。

ところで当番組で、先月末Windows 7が発売になったのをうけてスティーブ・バルマーがMSNBCのニュース番組Today Showでインタビューされていたのをネタにした件がありました。実際のインタビューは、Today ShowのホストがWindows 7についていろいろと質問するものなのですが、インタビューの終盤、このホストがバルマーに直接「人々はアップルはかっこいい会社、最先端を行く会社だと思っているけれど、羨ましと思う?」という質問をぶつけます。実際のインタビューでは、「アップルはいい会社だけど、アメリカでは10人中9人がWindowsを選んでるからね」と答え、これに対してインタビュアーがさらに「統計上はそうだけど・・・」という話が続きます。ジミー・キンメル・ライブではインタビュアーが「アップルがかっこいい会社・・・」という部分から始めて、バルマーのアップルはいい会社だけど」というところまでニュース映像をそのまま使うんですが、その直後、Windows(98あたりのアピアランスですが)があたかもウイルスにでもやられてしまったかのように画面がフリーズしてしまうような加工をして、Microsoftを揶揄するビデオを流しました。ちょっとブラックかな、とは思いながらも、ほくそ笑んでしまうビデオで、特に気にも留めてませんでした。(うーん。このあいだ、97年ごろのマックはよくフリーズした、と書きましたが、Windowsもよく止まってたなぁ。思い出しちゃいました。「97年ごろのMacは今のVista」のよう、と言いましたが、語弊があるかもしれません。うー、現時点でこの頃のOSの比較検証をするには、ちょっと時間的に余裕がないな。何かいい情報がありましたらまた情報提供よろしくお願いします。ともあれ)

そんな折、「WindowsのGUIはMac OSの模倣!?」という、Microsoftの幹部がOSXの意匠を下敷きにWindowsを構築していることを認めたかのようなことを伝える記事についての記事が目に入りました。もうずうっと続いている議論で、これについては持ちつ持たれつの部分もある、と個人的にはあると思うのですが、Edible Appleも今回の問題に関しては、水掛け論的なことも含めて記事にしています。先日私もDavid PogueのアンチVistaのビデオをアップしたこともあり、いつまで経っても尽きない議論だなぁ、と思いながら、もう一度見てみようと思って、Jimmy Kimmel Liveのチャンネルを訪れ、件のビデオを探しました。ところが、ないんです。これが。あれ?番組として削除したのかな?と思っていろいろと探し回っていたのですがどこをみても出てこない。怪しいなーと思っていると、当該のビデオ自体がたとえばこのリンクのように、画像の痕跡は現時点でありますが、動画はすでに削除されたことを示している。これって・・・検閲??

まあ確かにタイミングからしてネガティブキャンペーンになってるし、仕方がない部分はあるかもしれません。「アップルがクールで最先端」なのか、という質問に、その弁明を伏せて、且つフリーズするというネガティブなイメージをかぶせている作りは、確かに不公平ではあります。Jimmy Kimmel Live自体、FCC(日本のBPOにあたる機関)のお世話にたびたびなっているようで、前述の”Unnecessary Censorship”は、このコーナーの存在自体がFCCを揶揄するようなものなわけですが、今回もお咎めがあったのかどうかは不明です。

「検閲」ということば自体も、日本ではすわ「権力」とかいう言葉が反射的に出てくる感じですが、”censorship” という行為そのものを笑いにしてしまうアメリカのトークショーの、一見お馬鹿なアメリカンジョークに見せつつ、実はそのお馬鹿さの中に戦略を漂わせている雰囲気が渋いと思うのは私だけでしょうか。吉本は大好きです。全然否定しません。でも吉本に馴らされすぎると、極端ですけど、鳥肌実とかね、ああいうのもちょっと見てみたい、という気にもなるわけです。そこまで行かなくとも日本でももう少し中間レベルの笑いがほしいところです。ダウンタウンはある意味いい線いってたんでしょうけど、今思うと、笑いとしてはあまりに秀逸だけど、やはり社会の現実との接点が漠然としすぎていたのかな(というか漠然とさせざるを得なかった?)という気がします。ケンコバあたりにがんばってほしいですね。そういえばJimmy Kimmelとケンコバって、体型とか顔もですが、ちょっと似ている気が・・・。

それにしても、件のビデオ、なんで消されてしまったのでしょうか。もとのインタビューは以下のビデオにて。キンメル版が同時掲載できないのが残念です。Jimmy Kimmel Liveで取り上げられていたのは3’40″あたりからです。

Macにシフトしてから

MacBook AirとLOOX Pの間で悩んだ,ということは以前書きました。

今年のはじめ頃です。Macを選択した理由はわりと単純で,作業により集中できるのがMacだった,ということです。Windowsって,なぜだろう,私の場合,すごく遊んでしまうんです。遊ぶというか,デフラグとかディスクの掃除とか,仮想メモリとかバックアップ関係とか,目の前の作業以外のことにやたらと気をまわしてしまうんです。少しでもスピード上げようとか,そんなことしてるヒマあったら仕事した方がずっと効率がいいのに,機械のポテンシャルを発揮させようとして必死になるんです。Macでも,ある程度同じことをしないではないですが,OnyXでたまーにメンテナンスするぐらいです。それもめったにしません。あとはAirをHDD→SSDに交換した程度です。スクリプトなどをいじることもしません(あ,EMonsterのBluetooth接続で一回やりました)。したくなるような挙動がほとんどない。

それと,PowerMacの頃は,iBookの頃もまだそうでしたが,Windowsユーザとのファイル互換の問題が,Macをメインで使用することの大きな障壁でした。Leopardを使ってみて,この問題が,私が行う作業のレベルではほとんどなくなっていることがわかりました。もちろん事情は人それぞれで,図形などの処理を行う同僚に話を聞くと,Officeファイルなどではレイアウト崩れがあって,Macは使いたいけど諦めた,ということでした。

私の場合,MacBook Proを購入してからは依存度はさらに増し,職場にはDELLのデスクトップがあって出勤すると必ず電源は入れますが,作業はほとんどMacで行います。

自分で入れたアプリは名前順にAppCleaner, coconutBattery, DiDi for Eijiro, Disk for iPhone, Dropbox, Evernote, Firefox, Flip4Mac, Freedom, Google Notifier, iWork, Office for Mac, OnyX, Skim, Virtual Box, VLC, WinKforOSX, WMV Player, Xbench, Xmarks for Safari, XMind, コトノコ, Growl, MacFuse, MultiClutch, Synergy などです。